自分の家を買うか、一生賃貸で家賃を払い続けるかは自分の生活水準や考え方を考慮して決めるべき問題だ。
賃貸住宅でのトラブルは管理会社を頼ることをお薦めします

家の購入か、一生賃貸か

今年の消費税増税に伴い、マンション購入の駆け込み需要が一時期増えましたね。消費税が上がる前に自分の住む家を買おう、と決心したお父さんもいるのではないでしょうか。私たちが家を買うときは、30年分の家賃を払うつもりで買ってる場合も多いと思います。

しかし、実際に30年後の自分の家の価値はどうなっているのでしょうか。30年も建てば家は老朽化します。例えば、洗面所やお風呂場などの水回りは10〜20年ぐらいで劣化が目立ってきます。そうなると、リフォームをする必要があります。リフォーム代金もかなりかかる事を忘れてはいけません。

つまり、自分の家を買ったからと言っても永久に変わらない財産を手に入れたとは言えません。しかし自分が年をとってからも、今自分が払ってる家賃をずっと払い続ける事ができるかどうかは保証できません。自分の家を買うか、一生賃貸で家賃を払い続けるか。それは自分の生活水準や考え方を考慮しながら決めるべき問題ですね。

おすすめサイト