賃貸住宅に住んでいるのと持ち家に住んでいるのでは、個人の信用度に差がつくのではないでしょうか。
賃貸住宅でのトラブルは管理会社を頼ることをお薦めします

賃貸住宅と持ち家の違い

賃貸住宅に住んでいる人と、持ち家に住んでいる人とでは、信用度に差があってもおかしくありません。個人資産を持っている人の方が金融機関にとっては信用という面で上だと判断するのです。もちろん、それ以外の信用調査の結果によっては一概に言えないこともあるでしょうが、同じ条件の人物同士なら資産を持っていた方が融資を受ける際に有利にはなると思います。但し、その資産も抵当権に入っているとしたら、その抵当権が外れるまではあまり賃貸住宅に住んでいる人と変わりは無いかもしれません。

やはり住宅ローンという大きな借入れは個人の信用においては、大き過ぎる負債だからです。アパートや貸家に住んでいても無借金の人に対しては金融機関は融資をすることを拒みません。より大きな資金が必要な会社経営者などは個人資産を担保にしても借入れをしようとします。その是非は別にして、やはり資産を所有していることが金融機関の評価が上がるのです。バブル前であればキャピタルゲインを見越してオーバーローンなどにも積極的だったでしょうが、最近はどこも堅実な評価を下すのです。

おすすめサイト