郊外にありながらもお家賃の高い賃貸に住む知人の家は、防音がきちんとしていて、太陽もよく入る明るいリビングです。
賃貸住宅でのトラブルは管理会社を頼ることをお薦めします

二階建ての賃貸に住む知人

久しぶりに、知り合いの賃貸に遊びに行きました。そこは普通のハイツやマンションではなく、二階建ての賃貸住宅で、隣の家とひっついた構造になっています。二軒一組になった建物が、他にもたくさん建っていて、住民は幼い子供がいるような若い世代が多いようです。そのお宅のリビングは、南向きで太陽の日差しがとてもよく入ってきます。初めて遊びに行った時は、そのお宅の明るさに驚いたほどで、真夏は少々大変かもしれませんが、それ以外の季節は最高だと思います。

しかも意外と防音もしっかりしていて、隣には子供がいると言うのですが、全く何の音も聞こえてきません。知り合いが「窓を開けていたらやっぱり聞こえるよ」と言うのですが、窓を閉めればほとんど聞こえなければ、それで十分だと思いました。話の流れでお家賃は七万円だと聞き、交通の便が良いとは言えない郊外の賃貸では、かなり高級な部類に入るのではないかという気がしました。それでも住み心地は最高だそうで、まだ引っ越す予定はないそうです。