今借りている賃貸を退去時にできるだけ入居当時の状態に戻しておくのが望ましい。その方法をご紹介。
賃貸住宅でのトラブルは管理会社を頼ることをお薦めします

賃貸物件を退去時の現状復帰

転勤などで、今住んでいる賃貸物件を出ていく場合、新生活のためにも入居時に支払った敷金ができるだけ戻ってくると助かりますよね。でも長年借り続けた部屋になるほど、うっかり傷をつけてしまったり、汚してしまっていたりします。そんな補修は全て、退去時に敷金から差し引かれます。その補修を自分でしてみてはどうでしょうか。

よくあるのが子供がおもちゃなどで床に凹ませてしまうことです。フローリングの場合、凹んだ場所に当て布をして、アイロンのスチームを当てると目立たなくなります。合板の固いフローリングですと、ホームセンターでクレヨンのような補修材を売っています。この補修剤ですと1000円もせずに手に入り、簡単に凹んだ所を補修できます。次にやぶけたり、落書きされてしまったふすまや障子も、糊つきの物が売っていますので、意外と簡単に自分で張替ができます。親切な方が動画で貼り方を公開しているのを見て勉強するのもおすすめです。