賃貸を借りる際に無職だと貸してくれるか貸してくれないかを審査した時に貸してくれる所は少ないです。
賃貸住宅でのトラブルは管理会社を頼ることをお薦めします

賃貸契約の審査について

初めて一人暮らしをしようとした際に賃貸契約をしなくてはなりませんがまず自分の職業を安定させてから契約を考えなくてはなりません。正社員または契約社員でも関係なく働いていればよほどの事が無い限り契約をする事が可能です。

しかし無職の場合は審査で通らずに賃貸契約を出来ないと言うケースが非常に多いです。借りる側から考えてみればちょっと不満に思うかもしれないですが貸す側からすればビジネスでありお金が絡んでくる事なので当然の事になってきます。今現在無職の状態で賃貸を探している方がいるのならばまずは仕事を探してから賃貸契約を考えるようにしましょう。借りる側も貸している側も最後まで不安な事がなくそしてトラブルなく終われるようにするには当然の事だからです。また契約の際には敷金礼金などの初期費用も発生するので家賃の事ばかり考えて行動するのではなく初期費用の事も考えてしっかりと貯金をしてから賃貸契約を考えていくようにしましょう。