賃貸マンションに住む際に隣近所からの騒音や住み心地が気になる人は建物の工法も調べて物件選びをしましょう。
賃貸住宅でのトラブルは管理会社を頼ることをお薦めします

マンションの構造を知って賃貸を選ぼう

賃貸マンションといえば騒音問題や部屋が狭いといった建物の構造に対する悩みをよく耳にします。建物には様々な工法があります。木造、鉄骨造り、RC造り、SRC造りなどです。建物の強度や防音性能は木造がもっとも弱く、SRCが最も頑丈になります。アパートでは木造や鉄骨が多いのですが、マンションではRCやSRCがメインとなります。しかし賃貸マンションの中には小規模な物件だと建物の名称は○○マンションとなっていても鉄骨造りの建物もあるようです。これは建物の名称と工法には関連性がないからです。

賃貸物件を選ぶ際に、少しでも遮音性の良い物件を選びたいならRCかSRCの物件を選ぶと良いでしょう。建物の工法は賃貸業者が持つ物件の詳細に書かれています。お風呂やガスなどの設備に目がいきがちですが、住み心地の良し悪しと建物の工法はとても関連してますので、チェックしておきたい項目です。またどうしても騒音が気になる人は最上階を選ぶのも良いですが、集合住宅では壁を伝わる音という物もあり、最上階といえども音を完全に防ぐ事はできないことは理解しておきましょう。