賃貸経営するために物件を購入する際は必ず値引き交渉が必要となってきますが、売り手の種類を把握しておきましょう。
賃貸住宅でのトラブルは管理会社を頼ることをお薦めします

賃貸経営で最初に重要なことは値引き交渉。

賃貸物件で不動産投資で収入を得るためには、まず値引き交渉で物件を購入するところから始まります。値引き交渉がうまくいけば、浮いたお金をリフォームに回すことが出来ますから、ますます多くの入居者を集めることができる工夫を施すことが出来るようになります。私はいつも中古の格安物件を購入して賃貸経営していますが、いつも必ず値引き交渉して物件を購入するようにしています。

値引き交渉をうまくするいためには売り手の種類を把握しなければなりません。相手側が個人なのか業者なのかを把握するだけで故障の内容もプロセスも大きく変わってくるからです。私の経験では、個人の売り手の場合、値引き交渉が大半の場合うまくいきます。上手にやれば大半の場合誰でも値引き交渉が可能です。しかし売り手が業者の場合は値引き交渉が非常に難しいです。価格もはっきりしていますし、いろいろな理由を揃えても難しいです。このように売り手の種類によって値引き交渉が可能なので是非参考にしてみてください。

おすすめサイト