賃貸物件を借りるときには、面倒見が良くて、責任感があって、最後まできちっとしてくれる不動産会社をお勧めです。
賃貸住宅でのトラブルは管理会社を頼ることをお薦めします

賃貸物件を借りる際の不動産会社

現在住まいとしている賃貸の家ですが、今日は雨ということで暖炉から雨漏りがしております。アメリカに住んでいるのですが、賃貸物件を借りる段取りといいますと、まずはショーイングから始まります。物件に興味を持って家の中を見たいと思ったら不動産会社に連絡をしてショーイング、つまり見学を申し込みます。もしその場で気に入ったら申請書をもらってきて個人情報を全て記入して申し込みです。

その際には手数料として数千円支払う時もあったりします。そして不動産からの連絡があったら決定ということで書類提出とデポジットと言って日本でいう敷金の支払いになります。話はそれましたが、こういう段取りを終えて現在は住んでいるのですが、この雨漏りに関しては住み始める前は知らなかったことでした。

不動産会社に連絡してからかれこれ半年経ちますが、一度もその件に関して連絡は来ていません。なので雨の降り続く時はテレビでみるようなバケツを置いてしのいでおります。賃貸物件においては、きちんと不動産会社が最後まで面倒を見てくれる物件を絶対にお勧めします。そうでないと、バケツにお世話になるかもしれませんからね。